TOP > ScreenFect™A

DNA & siRNA トランスフェクション試薬

ScreenFect™A

クリックケミストリーにより開発された新リポソーム!!

ScreenFect™Aは、クリックケミストリーによってスクリーニング※1された新規カチオン性リポソームから構成されるトランスフェクション試薬です。様々な真核生物由来の細胞に使用でき、抗生物質や血清を含む培地にも直接添加できます。
汎用実験細胞株(HeLa, HepG2, MDCK, Cos-7など)、幹細胞(マウスES細胞など)、血球系細胞(マクロファージ, THP-1, RAW264.7など)、ミクログリア、プライマリー(初代培養)細胞、昆虫細胞にDNAおよびsiRNAを導入できます。 細胞毒性が低いため、トランスフェクション後の培地交換が不要です。また、構成試薬中に毒劇物を含んでいません。

※1 Biomaterials. 2012 Nov; 33(32):8160-6. 2012

  • 高い導入効率 & 低い細胞毒性
  • DNA & siRNA 両方に使用できます
  • 培地交換不要 & 血清存在下でも使用できる

ScreenFect™
サンプルお申込み

下記の必要事項、アンケートにご記入の上送信ください。お申し込み後、販売代理店または弊社営業よりサンプルをお届けいたします。

ScreenFect™ サンプルお申込み

ScreenFect™
使用後アンケート

差支えない範囲でご記入ください。ご回答いただきました方には粗品を差し上げております。

ScreenFect™ 使用アンケート

従来品との性能比較

images

ScreenFect™Aを用いてGFP発現プラスミドをHEK293細胞に導入した。その結果、市販従来品と同等以上の導入効率を確認した。(96ウェルプレート, GFP発現プラスミド 75ng / ウェル)

リポソームライブラリーのトランスフェクション効率

images

images

クリックケミストリーにより合成した新規カチオン性リポソームライブラリーを使用して、GFP発現プラスミドをHEK293T細胞に導入した。その結果、従来品よりもGFP陽性細胞を多く獲得できるリポソーム(ScreenFect™A)を確認できた。

ScreenFect™A プロトコール概要

images

 細胞によってDNA/siRNAとトランスフェクション試薬の最適な混合比が異なります。
 数パターンの混合比を検討のうえ、最適な混合比の検証を推奨いたします。
           
DNA トランスフェクション
DNA transfection (/well)
Plate size Surface area Medium volume Total volume SF-DNA complex DNA / Dilution Buffer ScreenFect™A / Dilution Buffer
96 wells 0.3cm2 100μl 10μl ~100ng / 5μl ~0.6μl / 5μl
24 wells 2cm2 500μl 50μl ~500ng / 25μl ~3μl / 25μl
12 wells 4cm2 1000μl 100μl ~1000ng / 50μl ~6μl / 50μl
6 wells 10cm2 2000μl 250μl ~2500ng / 125μl ~15μl / 125μl
siRNA トランスフェクション
siRNA transfection (/well)
Plate size Surface area Medium volume Total volume SF-siRNA complex siRNA / Dilution Buffer ScreenFect™A / Dilution Buffer
96 wells 0.3cm2 100μl 10μl ~3pmol / 5μl ~0.45μl / 5μl
24 wells 2cm2 500μl 50μl ~20pmol / 25μl ~2μl / 25μl
12 wells 4cm2 1000μl 100μl ~40pmol / 50μl ~4μl / 50μl
6 wells 10cm2 2000μl 250μl ~90pmol / 125μl ~10μl / 125μl

ScreenFect™Aの使用方法の詳細は、現品添付の取扱説明書をご参照ください。
また、細胞種における最適化に関するプロトコールをご希望の場合は、弊社までお問い合わせください。

トランスフェクションデータ

低い細胞毒性

images

ScreenFect™Aを用いてGFP発現プラスミドをHEK293細胞に導入した。A社従来品と同等以上の遺伝子導入効率を確認した。また、B社従来品と同等の細胞毒性を確認した。(96ウェルプレート, GFP発現プラスミド 75ng / ウェル)

マウスES細胞への遺伝子導入

images

ScreenFect™Aを使用してマウスES細胞にGFP発現プラスミドを導入し、GFP陽性細胞を検出した。その結果、幹細胞であるマウスES細胞においても約60%以上の遺伝子導入効率を確認できた。

DNAトランスフェクション
幹細胞への遺伝子導入もOK!


siRNA導入

images

ScreenFect™Aを用いてLRP6に対するsiRNAをHEK293細胞に導入した。A社およびB社従来品よりも高いノックダウン効率を示した。(96ウェルプレート, 1pmole LRP6 siRNA 終濃度 2nM / ウェル)

images

ScreenFect™Aを用いてGAPDHに対するsiRNAを各細胞株に導入した。A社従来品よりも高いノックダウン効率を示した。(96ウェルプレート, GAPDH siRNA 終濃度 3nM / ウェル)

siRNAトランスフェクション
ScreenFect™AでsiRNA導入もOK!!

ScreenFect™A & A plus 採用実績細胞

その他詳細情報は、導入実績データベースをご確認ください。

No. 細胞名
1 143BTK
2 786-O
3 A2058
4 A375
5 A549
6 B16
7 B16F10
8 Ba/F3-CH1
9 BEAS-2B
10 BEL-7402
11 BT549
12 C2C12
13 Cell line from killifish
14 CHO-K1
15 COS-7
16 DB lymphoma
17 DC 2.4
18 Du145
19 EL4
20 Endothelium cell
21 EPC(carp)
22 GP2-293
23 H9C2
24 HCT116
25 HEK293
26 HEK293 TN
27 HEK293A
28 HEK293F
29 HEK293FT
30 HEK293T
31 HeLa
32 HeLa S3
33 HEp-2
34 HepG2
35 hiPSC
36 HK2
37 HKC
38 HL7704
39 HuH-7
40 HUVEC
41 Ins-1
42 L428
No. 細胞名
43 LLC-MK2
44 LO2
45 LoVo
46 MC3T3
47 MC3T3-E1
48 MCF-10
49 MCF-10A
50 MCF-7
51 MDCK
52 MEF
53 mES
54 mHSC
55 Microglia
56 MLEC
57 MS-1
58 Myeloid dendritic cell (MDC)
59 NB1RGB
60 NCI-H1703
61 NE3
62 NIH 3T3
63 NK92
64 OLHNI-2
65 Mouse overy cell
66 PC12
67 Plat-E
68 PLC8024
69 Primary Fibroblast
70 RAW264.7
71 SH-SY5Y
72 SK-Hep1
73 SKOV3
74 T98G
75 TE-13
76 THP-1
77 U-251 MG
78 U2OS
79 U937
80 Vero
81 Drosophira ovary somatic cell
82 HT1080
83 RH7777
84 HaCaT

富士フイルム和光純薬株式会社では、 ScreenFect™データベースの使用実績例を随時更新しています。上記細胞種以外に適用可能かどうか不明な場合は、弊社までお問い合わせください。

ScreenFect™A 製品情報

コードNo. 品名 ScreenFect™A Transfection Reagent Dilution Buffer for ScreenFect™A 希望納入価格(円)
293-73201 ScreenFect™Aicon 0.2ml 10ml 8,000
299-73203 ScreenFect™Aicon 1ml 50ml 30,000
297-73204 ScreenFect™Aicon 1ml×5 50ml×5 120,000
  • icon ∙∙∙ 2〜10℃保存
  • icon ∙∙∙ -20℃保存
  • icon ∙∙∙ -80℃保存
  • 表示がない場合は室温保存です。
  • icon ∙∙∙ 特定毒物
  • iconicon ∙∙∙ 毒物
  • iconiconicon ∙∙∙ 劇物
  • icon ∙∙∙ 化審法 第一種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 化審法 第二種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 毒薬
  • icon ∙∙∙ 劇薬
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第一種指定物質
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第二種指定物質
  • icon ∙∙∙ 向精神薬
  • icon ∙∙∙ 特定麻薬向精神薬原料
  • icon ∙∙∙ カルタヘナ

※掲載内容は、2016年10月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ScreenFect™ References
  1. Diefenbacher, Markus E., et al. "The LIM Domain Protein nTRIP6 Recruits the Mediator Complex to AP-1-Regulated Promoters." PLoS ONE 9.5 (2014): e97549.
  2. Freise, Christian, and Uwe Querfeld. "Inhibition of vascular calcification by block of intermediate conductance calcium-activated potassium channels with TRAM-34." Pharmacological Research (2014).
  3. Hagiwara, Akane, et al. "Luteinizing Hormone-Induced Expression of Ptger4b, a Prostaglandin E2 Receptor Indispensable for Ovulation of the Medaka Oryzias latipes, Is Regulated by a Genomic Mechanism Involving Nuclear Progestin Receptor."
  4. Peng, Yanyan, Ruidan Xu, and Xiaofeng Zheng. "HSCARG Negatively Regulates the Cellular Antiviral RIG-I Like Receptor Signaling Pathway by Inhibiting TRAF3 Ubiquitination via Recruiting OTUB1." PLoS pathogens 10.4 (2014): e1004041. (3)
  5. Wakimoto, Hiroaki, et al. "Targetable signaling pathway mutations are associated with malignant phenotype in IDH-mutant gliomas." Clinical Cancer Research (2014). (2)
  6. Fischer, Simon, et al. "Breaking limitations of complex culture media: Functional non-viral miRNA delivery into pharmaceutical production cell lines." Journal of biotechnology 168.4 (2013): 589-600.
  7. Bai, Dongmei, et al. "Regulation of the HDM2-p53 pathway by ribosomal protein L6 in response to ribosomal stress." Nucleic acids research 42.3 (2014): 1799-1811.
  8. Liu, Xing, et al. "Isocitrate dehydrogenase 2 mutation is a frequent event in osteosarcoma detected by a multi‐specific monoclonal antibody MsMab‐1." Cancer medicine 2.6 (2013): 803-814.

富士フイルム和光純薬株式会社

Web Site

フリーダイアル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806

本社 〒540-8605 大阪市中央区道修町三丁目1番2号
TEL: 06-6203-3741 (代表)
東京本店 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号
TEL: 03-3270-8571 (代表)
九州営業所 092-622-1005 (代) 中国営業所 082-569-8095 (代)
東海営業所 052-772-0788 (代) 筑波営業所 0298-58-2278 (代)
東北営業所 022-222-3072 (代) 北海道営業所 011-271-0285 (代)