TOP > ScreenFect™Green, ScreenFect™Red

蛍光標識トランスフェクション試薬

ScreenFect™Green
ScreenFect™Red

ScreenFect™A (Code No.299-73203)のリポソームに蛍光標識を付加したトランスフェクション試薬です。
トランスフェクション後にリポソームが細胞へ導入されているか蛍光顕微鏡で観察できます。



最大励起波長および蛍光波長

ScreenFect™Green ScreenFect™Red
最大励起波長 469nm 560nm
最大蛍光波長 525nm 583nm

トランスフェクション後の蛍光顕微鏡画像

ScreenFect™Green

SFGreen_01

ScreenFect™Red

SFRed_01


・細胞:HEK293T
・導入遺伝子:なし
・撮影:共焦点顕微鏡画像(x40)


蛍光タンパク質発現後の蛍光顕微鏡画像

ScreenFect™Green

SFGreen_02




・細胞:Hela
・導入遺伝子: H2B-RFP
・時間:トランスフェクションから24時間後
・撮影:蛍光顕微鏡(x20)
・緑色:ScreenFect™Green のリポソーム
・赤色:発現タンパク質


製品情報

コードNo. 品名 ScreenFect™Green Transfection Reagent Dilution Buffer for ScreenFect™Green 希望納入価格(円)
295-79001 ScreenFect™Greenicon 0.2ml 10ml 16,000
291-79003 1ml 50ml 60,000
コードNo. 品名 ScreenFect™Red Transfection Reagent Dilution Buffer for ScreenFect™Red 希望納入価格(円)
291-79101 ScreenFect™Redicon 0.2ml 10ml 16,000
297-79103 1ml 50ml 49,000
  • icon ∙∙∙ 2〜10℃保存
  • icon ∙∙∙ -20℃保存
  • icon ∙∙∙ -80℃保存
  • 表示がない場合は室温保存です。
  • icon ∙∙∙ 特定毒物
  • iconicon ∙∙∙ 毒物
  • iconiconicon ∙∙∙ 劇物
  • icon ∙∙∙ 化審法 第一種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 化審法 第二種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 毒薬
  • icon ∙∙∙ 劇薬
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第一種指定物質
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第二種指定物質
  • icon ∙∙∙ 向精神薬
  • icon ∙∙∙ 特定麻薬向精神薬原料
  • icon ∙∙∙ カルタヘナ

※掲載内容は、2017年11月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ScreenFect™ References
  1. Diefenbacher, Markus E., et al. "The LIM Domain Protein nTRIP6 Recruits the Mediator Complex to AP-1-Regulated Promoters." PLoS ONE 9.5 (2014): e97549.
  2. Freise, Christian, and Uwe Querfeld. "Inhibition of vascular calcification by block of intermediate conductance calcium-activated potassium channels with TRAM-34." Pharmacological Research (2014).
  3. Hagiwara, Akane, et al. "Luteinizing Hormone-Induced Expression of Ptger4b, a Prostaglandin E2 Receptor Indispensable for Ovulation of the Medaka Oryzias latipes, Is Regulated by a Genomic Mechanism Involving Nuclear Progestin Receptor."
  4. Peng, Yanyan, Ruidan Xu, and Xiaofeng Zheng. "HSCARG Negatively Regulates the Cellular Antiviral RIG-I Like Receptor Signaling Pathway by Inhibiting TRAF3 Ubiquitination via Recruiting OTUB1." PLoS pathogens 10.4 (2014): e1004041. (3)
  5. Wakimoto, Hiroaki, et al. "Targetable signaling pathway mutations are associated with malignant phenotype in IDH-mutant gliomas." Clinical Cancer Research (2014). (2)
  6. Fischer, Simon, et al. "Breaking limitations of complex culture media: Functional non-viral miRNA delivery into pharmaceutical production cell lines." Journal of biotechnology 168.4 (2013): 589-600.
  7. Bai, Dongmei, et al. "Regulation of the HDM2-p53 pathway by ribosomal protein L6 in response to ribosomal stress." Nucleic acids research 42.3 (2014): 1799-1811.
  8. Liu, Xing, et al. "Isocitrate dehydrogenase 2 mutation is a frequent event in osteosarcoma detected by a multi‐specific monoclonal antibody MsMab‐1." Cancer medicine 2.6 (2013): 803-814.

富士フイルム和光純薬株式会社

Web Site

フリーダイアル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806

本社 〒540-8605 大阪市中央区道修町三丁目1番2号
TEL: 06-6203-3741 (代表)
東京本店 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号
TEL: 03-3270-8571 (代表)
九州営業所 092-622-1005 (代) 中国営業所 082-569-8095 (代)
東海営業所 052-772-0788 (代) 筑波営業所 0298-58-2278 (代)
東北営業所 022-222-3072 (代) 北海道営業所 011-271-0285 (代)