TOP > ScreenFect™ UP-293

組換えタンパク質大量発現システム用遺伝子導入試薬

ScreenFect™UP-293

Expi293™ Expression System および FreeStyle™ 293 Expression System 用のトランスフェクション試薬です。組換え抗体やタンパク質の大量発現に適しています。トランスフェクション後に添加するScreenFect™ UP-293 Boosterが細胞のタンパク質発現量を大きく高めます。

本製品はトランスフェクション試薬のみ含まれます。細胞および培地は含まれません。


  • 安価! 他社品の約40%OFF!
  • 組換えタンパク質高発現
  • トランスフェクション試薬を変えるだけ

ScreenFect™
サンプルお申込み

下記の必要事項、アンケートにご記入の上送信ください。お申し込み後、販売代理店または弊社営業よりサンプルをお届けいたします。

ScreenFect™ サンプルお申込み

ScreenFect™
使用後アンケート

差支えない範囲でご記入ください。ご回答いただきました方には粗品を差し上げております。

ScreenFect™ 使用アンケート

Expi293F™ 細胞におけるルシフェラーゼ発現量の比較

Expi293F™ 細胞へ分泌型 Luc 発現ベクターを各種トランスフェクション試薬を用いて導入し、Expi293™ Expression Medium で培養した。培養スケールは 30mL で実施し、96 時間後に培養上清を回収後、ルシフェラーゼアッセイによって発光強度を測定した。

SFUP-293_application_01

ScreenFect™UP-293は、他社品Aと同等のルシフェラーゼ発現量を示しました。また、他社品Bよりも高いルシフェラーゼ発現量を示しました。

Expi293™、Freestyle™、 Expi293F™は、Thermo Fisher Scientific社の登録商標です。


Expi293F™ 細胞における IgG 産生量比較

Expi293F™細胞へH鎖、L鎖発現ベクターを各種トランスフェクション試薬を用いて導入し、Expi293™ Expression Mediumで培養した。培養スケールは30mLで実施し、120時間後に培養上清を一部回収した。回収した培養上清の電気泳動後にCBB染色にて発現量を比較した。

SFUP-293_application_02

ScreenFect™UP-293は、他社品Aと同等のIgG発現量を示しました。

FreeStyle™ 293-F細胞におけるルシフェラーゼ発現量の比較

FreeStyle™ 293-F細胞へ分泌型Luc発現ベクターを各種トランスフェクション試薬を用いて導入し、 FreeStyle™ 293 Expression Mediumで培養した。培養スケールは30mLで実施し、96時間後に培養上清を回収後、ルシフェラーゼアッセイによって発光強度を測定した。

SFUP-293_application_03

ScreenFect™UP-293は、他社品Cよりも高いルシフェラーゼ発現量を示しました。

Expi293™、Freestyle™、 Expi293F™は、Thermo Fisher Scientific社の登録商標です。


使用法 30 mL培養スケール

SFUP-293_icon_01 トランスフェクションの前に、125mLもしくは250mLのErlenmeyer shake flaskを用いて、トランスフェクションに必要な細胞数の培養細胞を準備する。
備考:培養開始時の生細胞密度の目安は>0.8x106 /mLです。
SFUP-293_icon_02 【細胞懸濁液の調製】
トランスフェクション実験の直前に、125mL Erlenmeyer shake flaskを用いて、28mLの細胞懸濁液を用意する。その際、培地中の細胞数が下記になるように培地で調製する。
●Expi293F™ Cellsの場合
 生細胞数2.7x106/mL (生細胞数7.5x107/28mL)
●FreeStyle™ 293-F Cellsの場合
 生細胞数1.1x106/mL (生細胞数3.0x107/28mL)
備考:生細胞率が90%未満にならないように調製してください。
SFUP-293_icon_03 使用前にボルテックスミキサーでScreenFect™UP-293 Transfection Reagentをよく混合する。
SFUP-293_icon_04 【希釈済みトランスフェクション試薬の調製】
●Expi293F™ Cellsの場合
60µLのScreenFect™UP-293 Transfection Reagentを940µLのScreenFect™UP-293 Dilution Bufferに添加し、ピペッティングで混合する。
●FreeStyle™ 293-F Cellsの場合
30µLのScreenFect™UP-293 Transfection Reagentを970µLのOpti-MEM™ I Reduced Serum Mediumに添加し、ピペッティングで混合する。
SFUP-293_icon_05 【希釈済みDNA溶液の調製】
●Expi293F™ Cellsの場合
30µgのplasmid DNA(1µg/µL)を970 µLのScreenFect™UP-293 Dilution Bufferに添加し、ピペッティングで混合する。
●FreeStyle™ 293-F Cellsの場合
30µgのplasmid DNA(1µg/µL)を970µLのOpti-MEM™ I Reduced Serum Mediumに添加し、ピペッティングで混合する。
SFUP-293_icon_06 【リポプレックス溶液の調製】
作製した希釈済みトランスフェクション試薬と希釈済みDNA溶液をピペッティングで混合し、スピンダウンする。室温で 5-20分間静置する。
SFUP-293_icon_07 リポプレックス溶液を細胞懸濁液に添加し、ゆっくりと攪拌しながら混合する。
備考:この時点でフラスコ内の液量は約30mLです。
SFUP-293_icon_02 オービタルシェーカーを用いて、37℃(8% CO2)、125rpmで16時間培養する。
SFUP-293_icon_08 150µLのScreenFect™UP-293 Boosterをフラスコへ添加する。
SFUP-293_icon_02 オービタルシェーカーを用いて、37℃(8% CO2)、125rpmで培養する。
目的のタンパク質を含む細胞または培養上清をトランスフェクションから48~120時間後に回収する。
備考:最適な培養時間は目的のタンパク質や細胞生存率などにより異なります。

Expi293™、Freestyle™、 Expi293F™は、Thermo Fisher Scientific社の登録商標です。


ScreenFect™UP-293 製品情報

コードNo. 品名 容量 Transfection Reagent Dilution Buffer Booster 希望納入価格(円)
294-80201 ScreenFect™UP-293  icon 100mL用 200µL 6.7mL 500µL 7,500
290-80203 1L用 2x1mL 67mL 5mL 63,000

*FreeStyle™ 293 Expression Systemに使用される場合、ScreenFect™UP-293 Dilution Bufferは使用しません。

別途必要な試薬

発現システム Expi293™ Expression System FreeStyle™ 293 Expression System
細胞 Expi293F™ Cells FreeStyle™ 293-F Cells
培地 Expi293F™ Expression Medium FreeStyle™ 293 Expression Medium
希釈バッファー 不要 Opti-MEM™ I Reduced Serum Medium

*ScreenFect™UP-293 Dilution Bufferで希釈します。

  • icon ∙∙∙ 2〜10℃保存
  • icon ∙∙∙ -20℃保存
  • icon ∙∙∙ -80℃保存
  • 表示がない場合は室温保存です。
  • icon ∙∙∙ 特定毒物
  • iconicon ∙∙∙ 毒物
  • iconiconicon ∙∙∙ 劇物
  • icon ∙∙∙ 化審法 第一種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 化審法 第二種特定化学物質
  • icon ∙∙∙ 毒薬
  • icon ∙∙∙ 劇薬
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第一種指定物質
  • icon ∙∙∙ 化学兵器禁止法 第二種指定物質
  • icon ∙∙∙ 向精神薬
  • icon ∙∙∙ 特定麻薬向精神薬原料
  • icon ∙∙∙ カルタヘナ

※掲載内容は、2018年9月時点での情報です。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

ScreenFect™ References
  1. Diefenbacher, Markus E., et al. "The LIM Domain Protein nTRIP6 Recruits the Mediator Complex to AP-1-Regulated Promoters." PLoS ONE 9.5 (2014): e97549.
  2. Freise, Christian, and Uwe Querfeld. "Inhibition of vascular calcification by block of intermediate conductance calcium-activated potassium channels with TRAM-34." Pharmacological Research (2014).
  3. Hagiwara, Akane, et al. "Luteinizing Hormone-Induced Expression of Ptger4b, a Prostaglandin E2 Receptor Indispensable for Ovulation of the Medaka Oryzias latipes, Is Regulated by a Genomic Mechanism Involving Nuclear Progestin Receptor."
  4. Peng, Yanyan, Ruidan Xu, and Xiaofeng Zheng. "HSCARG Negatively Regulates the Cellular Antiviral RIG-I Like Receptor Signaling Pathway by Inhibiting TRAF3 Ubiquitination via Recruiting OTUB1." PLoS pathogens 10.4 (2014): e1004041. (3)
  5. Wakimoto, Hiroaki, et al. "Targetable signaling pathway mutations are associated with malignant phenotype in IDH-mutant gliomas." Clinical Cancer Research (2014). (2)
  6. Fischer, Simon, et al. "Breaking limitations of complex culture media: Functional non-viral miRNA delivery into pharmaceutical production cell lines." Journal of biotechnology 168.4 (2013): 589-600.
  7. Bai, Dongmei, et al. "Regulation of the HDM2-p53 pathway by ribosomal protein L6 in response to ribosomal stress." Nucleic acids research 42.3 (2014): 1799-1811.
  8. Liu, Xing, et al. "Isocitrate dehydrogenase 2 mutation is a frequent event in osteosarcoma detected by a multi‐specific monoclonal antibody MsMab‐1." Cancer medicine 2.6 (2013): 803-814.

富士フイルム和光純薬株式会社

Web Site

フリーダイアル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806

本社 〒540-8605 大阪市中央区道修町三丁目1番2号
TEL: 06-6203-3741 (代表)
東京本店 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号
TEL: 03-3270-8571 (代表)
九州営業所 092-622-1005 (代) 中国営業所 082-569-8095 (代)
東海営業所 052-772-0788 (代) 筑波営業所 0298-58-2278 (代)
東北営業所 022-222-3072 (代) 北海道営業所 011-271-0285 (代)